/

この記事は会員限定です

「首相を決める戦い」は衆院選まで完結しない

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

自民党で総裁選のあり方を巡って起きた論争が見逃せない。執行部が緊急時の例外とされる両院議員総会での新総裁選出に動くと、若手議員から党員投票による公選論が噴出した。今回のような現職退任時こそ、次期衆院選の党の顔を選ぶ最も重要な機会との認識からだ。政権交代が起きうる小選挙区中心の衆院選を真の「首相を決める戦い」と見据え、党首選びをそれに合わせる機運とも言える。この政局は衆院選まで完結しない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3079文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン