/

この記事は会員限定です

バフェット氏の「日本」再発見

一目均衡 編集委員 藤田和明

[有料会員限定]

「日本と5社の未来に参画できることをうれしく思う」。商社株を取得した米投資家ウォーレン・バフェット氏。これまで同氏が唯一公式に訪れた日本企業がある。福島県いわき市のタンガロイだ。

超硬工具を手掛ける同社は東芝系列を離れた後、イスラエル系企業の傘下に入った。その大株主がバフェット氏だ。2011年秋、東日本大震災で8カ月遅れた新工場の竣工式を訪れたのだ。

「困難に立ち向かう日本人の力のすごさを評価する言葉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン