[FT]ソフトバンク オプション取引で40億ドルの含み益

FT
2020/9/7 11:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループ(SBG)がデリバティブ(金融派生商品)への積極的な投資で約40億ドルの含み益を抱えていることが、取引を知る複数の関係者の話で明らかになった。創業者の孫正義氏の指示に基づくSBGの大口売買が一因となり、米株式相場を歴史的な高さに引き上げた。

関係者によると、SBGはこのハイリスクな戦略をここ数カ月にわたって展開し、約40億ドルのハイテク株のオプション取引を行った。

一部の米国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]