/

失格のジョコビッチ「とても悲しい」 全米テニス

ボールが直撃した線審を気遣うジョコビッチ=USA TODAY

四大大会通算17勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、6日の男子シングルス4回戦で失格になった。ジョコビッチは自らのSNS(交流サイト)で「とても悲しく、空虚な気分だ。線審の位置を確認して打ったが、彼女はケガなどないと聞いてホッとした。このような問題を起こしてとても申し訳ない。意図的ではないが、非常に悪いことをした」とコメントした。

年初の全豪を制したジョコビッチは今季は一度も負けがなく、今大会も優勝候補の筆頭だった。これで今大会に四大大会優勝経験者がいなくなった。「違うところに飛んでいたら罰金(で済んでいた)。彼には不運だった。これで誰が勝っても新王者。若い選手だと思う。これから面白くなる」と、23歳の第5シード、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン