/

この記事は会員限定です

大手法律事務所、中国事業で攻勢 「政治影響小さく」

[有料会員限定]

日本の大手法律事務所は中国関連の法務事業を拡充する。中国の香港に対する統制強化や米国の対中制裁が起きているが、中国がらみのビジネス法務は引き続き拡大するとの読みだ。香港オフィスの開設や他のアジア拠点の活用など、手法は事務所ごとに特色がある。

「我々が中国に進出してから20年余り。日中間の政治的緊張や反日デモなど紆余曲折(うよきょくせつ)があった。我々も、顧客である日本企業も、変動には慣れっこだ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2008文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン