香港警察、デモ参加者289人逮捕 議会選延期など抗議

香港デモ
2020/9/7 9:43
保存
共有
印刷
その他

繁華街でデモ参加者を取り締まる警察官(6日、香港)=ロイター

繁華街でデモ参加者を取り締まる警察官(6日、香港)=ロイター

【香港=木原雄士】香港警察は6日、九龍地区の繁華街でデモ参加者ら289人を逮捕した。うち270人は違法な集会に参加した容疑。デモはインターネット上で呼びかけられ、同日に実施予定だった立法会(議会)選挙の1年延期や香港国家安全維持法に抗議した。

逮捕者数は香港国家安全法施行直後の7月1日以来の規模になった。少なくとも1人は香港独立のスローガンを叫んだとして、同法違反の容疑に問われている。

警察によると、一部のデモ参加者はゴミ箱で車道をふさいだり、警察官に傘を投げつけたりした。警察はデモ隊に向けて目や鼻を刺激するコショウ弾を使用し、強制排除を進めた。

香港メディアによると、警察は家族と買い物に来ていた12歳の少女や現場で取材していた記者らも取り押さえた。SNS(交流サイト)では警察の強引な取り調べに批判的な書き込みが相次いでいる。

香港では新型コロナウイルス対策で3人以上の集会が禁止されている。警察は事前に違法な抗議活動だと警告していた。香港メディアによると警察は2000人体制で警戒にあたり、繁華街に集まった人を次々に取り調べた。

香港政府は7月、新型コロナの感染拡大を理由に立法会選の1年延期を決めた。足元では新規感染者の数が1日1桁にとどまる日もあるが、3人以上の集会は禁止されたままだ。事実上、合法的なデモができない状況が長引き、市民の不満がたまっていた。

香港政府は6日の声明で「違法な集会への参加は社会の中でウイルス感染のリスクを大幅に高め、他の人々に深刻な脅威をもたらす」などとデモ参加者を非難した。

中国政府の出先機関、駐香港連絡弁公室も同日「少数の反中国で香港を乱すグループが違法なデモを扇動した。法律を執行して社会の安定を維持するため、香港政府と警察を断固支持する」との報道官談話を発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]