/

この記事は会員限定です

コロナ対策でロボ需要 人と協働、ファナック3倍に増産

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で工場での感染リスクが問題になる中、生産ラインで人間のそばで作業できるロボットの需要が高まっている。国内最大手のファナックが2021年中に3倍に増産し、三菱電機芝浦機械も参入。「3密」を回避するため、日用品や食品など従来は手作業だった生産現場にも導入が広がりつつある。

人間のそばで働けるロボットは「協働ロボット」と呼ばれる。自動車の組み立てなどに使われる従来型の産業用ロボットは高速で動き危険なため人間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン