/

この記事は会員限定です

ロッテ、タカを3タテ 3安打で快勝、首位肉薄

[有料会員限定]

打てそうで打てないという投手がいる。ロッテ二木はそんなタイプだ。主な持ち球は140キロちょっとの直球とさほど特徴のないフォークボールだけ。それでもソフトバンク打線を封じた。

 「テンポ良く、投手有利のカウントをつくることを心掛けた」という。柳田、グラシアルら中軸にも臆せず懐を突く。球速がなくてもキレはあり、左足をゆっくりと着地させる独特のフォームが打者のタイミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン