/

九州新幹線が順次運休 7日始発から山陽区間も

(更新)
台風10号の影響で新幹線や在来線が運休したことを知らせるJR熊本駅の掲示板(6日午後3時1分)=共同

台風10号の影響で6日、九州を中心に交通機関に大きな影響が出た。九州新幹線が午後から順次運休したほか、日航全日空は九州・沖縄を発着する便を中心に300便以上が欠航。7日は九州新幹線が全線、山陽新幹線が広島―博多間で終日運転を取りやめる。

JR各社によると、九州新幹線は6日、熊本―鹿児島中央間で正午ごろから、博多―熊本間で午後3時ごろから順次運休し、夕方ごろまでに運行を終えた。7日は山陽新幹線の新大阪―広島間で本数を減らし、在来線は九州と山口県内の全ての路線で始発から運休する。

JR以外でも九州や中国、四国の多くの鉄道事業者が7日の運休を明らかにした。

日航と全日空によると、6日は九州・沖縄のほか、中国・四国の発着便にも欠航が出た。7日も既に370便以上の欠航が決まった。高速道路は6日午後、九州自動車道や宮崎道、大分道でも通行止めの区間があった。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。赤円は風速25m/s以上の暴風域

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン