投資判断にデータ活用、KPMGなど協議会設立へ

2020/9/6 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

KPMGコンサルティングや金融情報会社などが2021年4月をめどに、公式統計や企業の決算情報とは異なる「オルタナティブデータ」の活用を進めるための任意団体の設立をめざす。POS(販売時点情報管理)や位置情報などについて、資産運用に役立てる動きを後押ししていく。

「オルタナティブデータ推進協議会(仮称)」には金融情報会社のリフィニティブやファクトセットの日本法人、ナウキャスト(東京・千代田)、ディ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]