/

この記事は会員限定です

三菱UFJ系、「成果報酬型」投信に参入 普及の呼び水に

[有料会員限定]

三菱UFJ国際投信が「成果報酬型」の投資信託の運用を今月始める。基準価格(時価)の最高値更新時だけ運用報酬を得る。販売会社を介さない直販で国内初。運用成績との関係を明確にし手数料を下げた。国内大手の一角の三菱UFJ国際が動いたことで、日本での成果報酬型投信の普及の呼び水となりそうだ。

投資家は投信の保有残高に応じて信託報酬を支払う。一般的に運用会社、販社、事務管理の信託銀行向けが合計される。

三菱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン