スズキ、揺らぐインド頼み 「安い小型車」人気に陰り
ビッグBiz解剖(上)

新型コロナ
静岡
自動車・機械
南西ア・オセアニア
2020/9/7 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年で創立100年目のスズキが成長の壁に直面している。新型コロナウイルスの影響で主力のインド市場で販売が急減し、成長分野の車種では韓国勢にシェアで追い抜かれた。90歳になった鈴木修会長のもと、「割安な小型車」で新興国を開拓してきた戦略に陰りものぞく。世界の自動車市場では小兵ながらも巧みに生き延びてきたスズキ。カリスマの鈴木会長の退任もにらみつつ「次の100年の計」を模索する必要に迫られている。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]