/

この記事は会員限定です

コロナで膨らむ公的債務 欧米、成長戦略で出口探る

環境・デジタル重視

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策で膨れ上がる世界の公的債務について、将来を見据えた議論が進み始めた。当面はコロナ対策の支出が優先だが、いずれ債務残高の圧縮にも向き合う必要が出てくる。ただ増税や歳出削減は景気を冷やしかねない。欧米は成長に向けて環境やデジタル分野を重視し再建の出口を探り始めた。

新型コロナ対策で世界の財政支出総額は少なくとも11兆ドル(約1100兆円)に及ぶ。財源は多くの国が新たな国債発行で賄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2205文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン