米ハイテク株に変調の兆し オプション取引増が一因に

2020/9/5 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米株式市場でハイテク株が不安定な値動きを見せている。最高値圏で推移していたナスダック総合株価指数は4日までの2日間で一時10%近い下げを記録。金融派生商品(デリバティブ)の一種、オプションを使った投機的な取引が一因だ。個人投資家に加えソフトバンクグループ(SBG)の存在もささやかれる。相場の先行きに不透明感が漂ってきた。

4日の米市場ではSBGによるハイテク株のオプション取引が話題の中心になった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]