/

神近義邦氏が死去 ハウステンボス創業者

神近 義邦氏(かみちか・よしくに=ハウステンボス創業者)9月5日死去、78歳。告別式は9月6日午前11時から長崎県佐世保市早岐1の1の25の早岐メモリードホール。喪主は次男、公孝氏。

旧長崎県西彼町(現西海市)役場職員などを経て、1980年に同町に動植物園「長崎バイオパーク」を開園。92年に佐世保市に大型リゾート施設「ハウステンボス」を開業した。経営不振で2000年に社長を辞任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン