/

台風10号、7日にかけて九州接近 「最大級の警戒を」

(更新)

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。赤円は風速25m/s以上の暴風域

大型で非常に強い台風10号は6日、奄美大島の南東の海上を北へ進んだ。気象庁によると、6日夜から7日にかけて九州に接近、上陸する恐れがある。

台風の勢力がやや弱まり、気象庁は6日、鹿児島県に特別警報を発表する可能性は小さくなったと発表したが、引き続き暴風や大雨などに最大級の警戒を呼びかけた。

気象庁によると、台風10号は6日午前6時現在、奄美大島の南東約190キロを北へ時速20キロで進んだ。中心気圧は925ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心の南東側280キロ以内と北西側165キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

台風10号が接近する奄美地方では6日日中、九州では6日午後から7日午前にかけて雷を伴った猛烈な雨が降る恐れがある。

台風の北上に伴って南海上から暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本から東日本では大気の状態が非常に不安定になり、大雨になるところがある。

7日午前6時まで24時間の予想雨量は、多いところで九州南部が600ミリ、奄美、九州北部、東海が400ミリ、四国が350ミリ、近畿が250ミリ。気象庁は、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。

国土交通省は5日、球磨川(熊本県)や肝属川(鹿児島県)、小丸川(宮崎県)など6河川の流域で氾濫の危険性が高まっているとして警戒を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。赤円は風速25m/s以上の暴風域

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン