/

この記事は会員限定です

[社説]非接触テクノロジーの普及を急げ

[有料会員限定]

無人走行するロボットが荷物を運び、公共施設の消毒を担う。新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、人同士の接触を避ける技術の導入が世界で加速している。

日本経済は足元のコロナ危機に加えて、労働力不足という長期の課題も抱える。これらの課題に対応するためにも、日本こそが世界に先んじて「非接触テクノロジー」の社会実装を急ぐべきだ。

【外出制限でロボが宅配】

英ロンドン北西に位置するミルトンキーンズでは外出制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン