セルビア・コソボ、経済関係正常化に合意 米が仲介

2020/9/5 5:00 (2020/9/5 5:09更新)
保存
共有
印刷
その他

4日、トランプ米大統領(中央)はセルビアとコソボの両首脳と会談した(ワシントン)=ロイター

4日、トランプ米大統領(中央)はセルビアとコソボの両首脳と会談した(ワシントン)=ロイター

【ワシントン=中村亮、ベルリン=石川潤】米ホワイトハウスは4日、旧ユーゴスラビアのセルビアとコソボが経済関係の正常化に合意したと発表した。コソボは2008年に独立を一方的に宣言したとしてセルビアと対立してきた経緯があり、経済をテコに外交関係の改善をめざす。

トランプ大統領は4日、ホワイトハウスでセルビアのブチッチ大統領、コソボのホティ首相と3者会談に臨み、経済関係の正常化に向けた文書の署名式を開いた。ホワイトハウスは声明で「両国はさまざまな分野での経済協力を真の意味で進展させることができた」と指摘したが、具体的な協力分野には触れなかった。

声明は「両国はバルカン半島を安全にした」とも強調した。バルカンは「欧州の火薬庫」ともいわれ、長年にわたり政情不安が続いていた。

ホワイトハウスによると、コソボはイスラエルと国交を樹立し、セルビアは在イスラエル大使館をエルサレムに移す方針も示したという。トランプ氏は8月にもイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の国交正常化合意を仲介した。和平実現を外交の成果として大統領再選を狙う。

アルバニア系住民の多いコソボはセルビアの自治州だったが、1万人が死亡したとされる1998~99年の紛争を経て、2008年に独立を宣言した。だが、セルビアは独立を認めておらず、ロシアなどの協力を得てコソボの国連加盟を阻止し続けてきた。紛争の傷痕もいまだ癒えず、関係正常化に向けた交渉は行き詰まっていた。

そんな両国が再び交渉のテーブルについたのは、関係正常化が欧州連合(EU)加盟の条件となっているためだ。7月にはセルビアのブチッチ氏、コソボのホティ氏がEUを仲介役として首脳会談に臨み、週明けにもブリュッセルで2回目の会談を開くとみられていた。

関係正常化は両国の経済発展に道を開く。だが、このまますんなりと交渉が進んでいくかはかなり不透明だ。コソボは「セルビアのエルサレム」とも呼ばれるセルビア正教の聖地だ。ブチッチ氏は野党がボイコットした総選挙で圧勝したばかりだが、簡単に譲歩すれば自らの政治生命を危険にさらしかねない。

経済協力や紛争当時の行方不明者の捜索といった分野以外を含めて交渉を進めていくための信頼関係をどう醸成していくのか。米国とEUが仲介の主導権争いを続けるようであれば、先の道のりはさらに険しくなる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]