石破氏の政策集要旨

菅内閣発足
2020/9/5 2:00
保存
共有
印刷
その他

自民党総裁選に出馬する石破茂元幹事長が4日の記者会見で発表した政策集の要旨は次の通り。

【タイトル】「令和新時代の日本創生戦略―石破ビジョン―」

【新型コロナ対策】内閣官房に専任の職員で構成する司令塔組織を創設する。法的強制力と経済的支援を伴った休業要請を規定する特別措置法の改正。PCR検査を抜本的に拡充する。

【ポストアベノミクス】デフレに後戻りしないマクロ経済政策は継続する。低所得者や子育て世代への財政支援など消費活性化の政策、都市と地方の格差解消の政策を総動員する。

【地方創生】地域分散と内需主導型経済への転換を図る。東京一極集中是正担当閣僚(仮称)を設置し地域分散を妨げる要因の検証と対策を講じる。21世紀中ごろまでに約300万人の地方移住を実現する。

【社会保障】持続可能で安心できる社会保障制度を構築するため「幸せ実現国民会議」(仮称)を創設する。

【防災】専任の職員で構成する防災省を創設する。自然災害や感染症に備え危機管理国民会議を設置する。

【憲法改正】党憲法改正草案に基づき他党と丁寧な議論を重ね、国民の理解を得ながら真正面から向き合う。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]