/

この記事は会員限定です

日立金属、三重苦と「本家」支配で士気低下

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日立グループの「御三家」と称された日立金属が窮地に立たされている。日立製作所が進めるグループ再編の影響で売却観測が強まるなか、4月に10年以上に及ぶ品質不正が発覚。さらに新型コロナウイルスの影響も加わり、業績回復も遠のく状況で、社内には不安の声が広がる。親会社の圧力、不正に業績不振と三重苦に苦しみ、名門のDNAを失いつつある金属の未来は予断を許さない状況となってきた。

「いつか来るとは思っているが、どこに売却される...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2628文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン