/

この記事は会員限定です

ANAとJAL、苦肉の貨物便頼み 運賃高く旅客減補う

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で旅客が激減するなか、ANAホールディングス(HD)は国際貨物の輸送を増やしている。9月の臨時貨物便の運航数は400便と、約10便だった昨年を大きく上回る見通し。新型コロナで需要も低迷するが、貨物も運ぶ旅客便の激減で運賃が上昇。売り上げが見込める数少ない事業になった貨物輸送に頼る、苦肉の戦略となる。

ANAHDの航空貨物子会社、ANAカーゴ(東京・港)は2月以降、貨物の臨時便の運航が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン