/

鹿児島市長、次期市長選に出馬せず

鹿児島市の森博幸市長は4日記者会見し、任期満了に伴う12月の市長選に出馬しない意向を表明した。森市長は「新型コロナウイルス感染症の拡大で働き方や暮らし方、地方と都市部との関係を見直す大きな転機になる」としたうえ「時代は大きな転換点を迎えており、新しいリーダーに(市政運営を)委ねるべきだと判断した」と述べた。

森氏は2004年12月に鹿児島市長に就任し、現在4期目。都市機能の再生を目指してJR鹿児島中央駅や天文館地区の大型再開発などに取り組んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン