XTech、人材紹介の新会社 新興に幹部候補紹介

2020/9/4 18:45
保存
共有
印刷
その他

インターネット関連事業のXTech(クロステック、東京・中央、西條晋一社長)は4日、スタートアップ向けに人材紹介を手がける新会社を設立したと発表した。大企業で働く人材を、成長中の新興企業に幹部候補としてマッチングする事業を9月から始めた。スタートアップの成長を後押しする。

新会社はProfessional Studio(プロフェッショナル・スタジオ、東京・港)。ボストン・コンサルティング・グループを経てクロステックに参画した市川龍太郎氏が新会社の代表取締役に就いた。

プロフェッショナル・スタジオはコンサルティング会社や大企業に所属する20~30代が中心の人材を、有力スタートアップ企業にマッチングする。転職を検討する大手の社員にはキャリア相談に乗るなど手厚く支援する。実際に大手やファンドからスタートアップに移った経験者がアドバイザーを務める。

すでに約100人、転職の候補人材がいるという。キャリアイベントの開催などを通じて、今後スタートアップに紹介できる人材を増やしていく考え。

スタートアップに対しては、キャリア相談を受けた人材の中から、各社の条件に合う人を紹介する。経営幹部候補としてスムーズにスタートアップに参画できるよう、入社後も支援してミスマッチを防ぐ。転職希望者の利用は無料で、スタートアップから成功報酬の手数料を得る。

近年では、新規株式公開(IPO)を目指すスタートアップが増えるなか、最高財務責任者(CFO)をはじめとした経営陣に優秀な人材を確保するのが各社の課題だ。西條氏が2018年に創業したクロステックは新規事業をつくる「スタートアップスタジオ」を手がける。投資やM&A(合併・買収)も手がける同社グループのネットワークを生かし、スタートアップへの人材供給の課題を減らしたい考え。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]