安倍氏、恐れた同盟の悪夢 当然視できぬ日米の絆
本社コメンテーター 秋田浩之

菅内閣発足
秋田 浩之
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/9/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済再生をうたったアベノミクスなど、安倍晋三首相がやり残した仕事はたくさんある。ただ、外交と安全保障では後世に評価されるべき成果をあげた。

いちばん大きいのは民主党の鳩山政権下で傷ついた日米同盟を立て直し、強めたことだ。オーストラリアやインドとも連携し、インド太平洋に安全保障の協力網をつくる足掛かりも築いた。

しかし、日本の安全保障が盤石になったかと言えば、残念ながらそうではない。安倍政権の功績…

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]