/

アディダス、5本指カーボン搭載シューズを開発

アディダスのカーボン入りランニングシューズ「アディゼロ アディオス プロ」

アディダスジャパンは14日、ランニングシューズ「アディゼロ アディオス プロ」の一般販売を開始する。6月に発表し限定発売したモデルの新色となり、エリート選手やフルマラソンで3時間を切るランナー向け。フィット感を重視しつつ反発力や推進力を向上させた。

最大の特徴は「エナジーロッド」と呼ばれる骨状のカーボンバーだ。プレートを挟むのではなく、棒状のカーボンを中足骨に沿った形で5本に分けて搭載。進行方向に対する推進力だけでなく、着地の衝撃吸収から前足部で蹴り出すまで足の形状に沿って適切な反発力を生み出す設計にした。

カーボンバーを挟むミッドソールには同社で最も軽く高反発の素材を採用。ヒールの厚さは39.5ミリ、前足部は29.5ミリ。いわゆる厚底シューズに分類されるが、世界陸連が定めたロードレースにおける厚さ規定(40ミリ以下)をクリアしている。

中足骨に沿ってカーボンバーを搭載した=アディダス提供

開発には通常よりも短い1年半をかけた。昨年の世界選手権男子1万メートル銅メダリストで、今年1月のロードレース10キロで世界記録を樹立したロネックス・キプルト(ケニア)ら多くのアスリートの意見を反映。同社はカーボンプレートを内蔵した最上位モデル「アディゼロ プロ」も発売しており、担当者は「エリートランナーは好みに応じてシューズを選択できる」と語る。

各社は今年に入ってカーボンを搭載したシューズを相次いで投入している。独アディダスの担当者は「記憶に残り、記録も達成できるものを作りたかった。アディダスで最速のシューズだ」と自信をみせている。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン