箱根の6美術館共通のフリーパス 小田急箱根HD

2020/9/4 16:11
保存
共有
印刷
その他

小田急グループの小田急箱根ホールディングス(神奈川県小田原市)は箱根エリアの美術館6館に何度でも入場できる期間限定のフリーパスを発売した。7月にグループの箱根登山鉄道の一部区間が台風被害から復旧したことから、観光施設が連携して集客強化を目指す。

「ミュージアムフリーパス」(2日券は大人3600円、3日券は同4200円)を箱根登山鉄道の各駅やバス案内所などで発売した。対象はポーラ美術館や彫刻の森美術館、成川美術館など同県箱根町内の6館で、同じ美術館に複数回入場することもできるという。入館料が1人1500円以上の美術館も多いため、値ごろ感を打ち出した。

販売期間は10月31日までで、6000枚限定とする。小田急グループの担当者によると箱根地域の美術館がフリーパスを販売するのは初めて。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]