/

この記事は会員限定です

資金調達額は50倍、「新産業不毛の地」返上は道半ば

検証・中部とアベノミクス(4)スタートアップ

[有料会員限定]

愛知県を中心とする中部は安定志向が強く、新たなイノベーション(革新)を産むスタートアップ企業が誕生しづらい環境から長年「スタートアップ不毛の地」とも言われてきた。だが、安倍政権が成長戦略の要としてスタートアップ振興を掲げたことで、状況に変化の兆しが見え始めた。

情報サービス会社のイニシャル(東京・港)によると、愛知県のスタートアップが2019年に調達したのは146億円。安倍政権誕生の12年の3億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1741文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン