/

この記事は会員限定です

ラ・マル・ド・ボァ、自転車とともに瀬戸内へ

鉄道の旅

[有料会員限定]

岡山発、尾道、宇野、琴平行き。瀬戸内を行くアートな観光列車がラ・マル・ド・ボァだ。サイクルスペースがあり、自転車を折りたたまずに搭載できる。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でしばらく運休していたJR西日本の観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」が8月1日から運行を再開した。観光列車は不要不急の列車である。それだけに運行再開は何よりうれしい。

尾道行きのラ・マルしまなみを選び、いそいそと始発駅の岡山駅に向かう。発車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン