厚労次官に樽見コロナ対策室長 官邸と意思疎通重視

2020/9/4 13:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

加藤勝信厚生労働相は4日、鈴木俊彦次官が退任し、後任に内閣官房の樽見英樹・新型コロナウイルス感染症対策推進室長を充てる人事を発表した。首相官邸には厚労省のコロナ対策への不満があり、両者の意思疎通を重視した人事となった。

樽見氏は厚労省で保険局長や医薬・生活衛生局長を務め、現在は官邸直轄で省庁横断のコロナ対策をとりまとめる事務方トップを務める。

新型コロナの第1波の際、PCR検査の拡充などを巡って…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]