/

この記事は会員限定です

厚労次官に樽見コロナ対策室長 官邸と意思疎通重視

[有料会員限定]

加藤勝信厚生労働相は4日、鈴木俊彦次官が退任し、後任に内閣官房の樽見英樹・新型コロナウイルス感染症対策推進室長を充てる人事を発表した。首相官邸には厚労省のコロナ対策への不満があり、両者の意思疎通を重視した人事となった。

樽見氏は厚労省で保険局長や医薬・生活衛生局長を務め、現在は官邸直轄で省庁横断のコロナ対策をとりまとめる事務方トップを務める。

新型コロナの第1波の際、PCR検査の拡充などを巡ってス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン