/

この記事は会員限定です

NYダウ急落にも底堅い日経平均 温度差の背景は

証券部 大西康平

[有料会員限定]

3日の米市場でダウ工業株30種平均は一時、前日比の下げ幅が1000ドルを超えた。これまでの相場上昇をけん引してきた大型ハイテク株へ売りが広がり、関連銘柄の比率が高いナスダック総合指数は5%安と特に下げがきつくなった。もっとも、4日の東京市場では日経平均が反落したものの、下げ幅は最大で300円台と限定的で、温度差が目立つ。米テック株発の「バブル崩壊」を警戒する声も増えてはいるが、日本株の動きを見てい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン