恐怖の本質 仏教学者 佐々木閑

エッセー
2020/9/18 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

怖い思い出というのは印象が強い。特に、経験の少ない子ども時代の恐怖体験は強烈である。私の場合は小学一年生の時であった。田舎の小さな木造小学校で、全校生徒100人ちょっと。映画館などないから、時々、巡回映画が来る。理科室に茣蓙(ござ)を敷き、全校生徒がぎゅうぎゅう詰めで坐(すわ)らされる。一年生の私は最前列、スクリーンの真ん前で正座していた。

理科室なので標本が沢山(たくさん)ある。右手のガラス戸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]