米下院議長、マスクなしで美容院に 共和党が非難

新型コロナ
北米
2020/9/4 4:40 (2020/9/4 5:12更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米民主党のペロシ下院議長が、新型コロナウイルス対策の規制に違反して地元カリフォルニア州サンフランシスコの美容院を利用していたとして、トランプ大統領をはじめ共和党から非難を浴びている。

米メディアによると、ペロシ氏が8月末に美容院の中をマスクなしで歩いている様子をとらえた防犯カメラの映像が流出した。サンフランシスコではコロナ感染の拡大防止策として美容院の屋内営業は規制されている。

トランプ氏は9月2日のツイートで「しつこく他人に説教しながら、他の美容院が全て休業する中で美容院を開けさせてマスクをせずに利用した」と攻撃。マクナニー大統領報道官も3日の定例記者会見の冒頭で映像を流し「規制はペロシ氏には適用されないようだ」と批判した。

これに対しペロシ氏は記者団に、美容院側から事前に1人だけの接客は可能との説明があったと反論。マスクを外したのは洗髪のためだったと弁明した。ペロシ氏は「わなにはめられた」と主張した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]