/

この記事は会員限定です

ホンダ・GMの戦略提携 八郷社長の勝算と誤算

[有料会員限定]

ホンダが米ゼネラル・モーターズとの提携で、四輪事業の「本丸」とも言える基幹部品の共通化にアクセルを踏んだ。3日、北米で両社が販売するガソリン車のエンジンやプラットホーム(車台)の共通化を検討すると発表。事実上の包括提携に踏み込む裏には、次世代技術や既存の四輪事業における八郷隆弘社長の勝算と誤算が透ける。

「最大市場の北米で大幅にコスト効率を向上できる」。ホンダの倉石誠司副社長は3日、こうコメントし、両社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1665文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン