/

ブラジル航空機エンブラエル、2500人削減 900人を追加

【サンパウロ=外山尚之】ブラジルの航空機大手エンブラエルは3日、解雇と自主退職で合計2500人の人員を削減すると発表した。新型コロナウイルスの影響で航空機需要が激減した上、合併が破談した米ボーイングとの提携解消で揺らいだ経営体制の立て直しを進める。

既に1600人の自主退職を募っていたが、追加で900人を削減する。同社によると、2020年1~6月期の旅客機の引き渡しは前年同期比で75%減だったという。声明で「航空輸送機分野は短・中期的に回復しない」と説明した。

エンブラエルは商用機部門を分社化し、世界最大手のボーイングと統合する計画だったが、新型コロナを受け、ボーイングが4月に統合中止を発表した。エンブラエルにとっては需要喪失と合わせて二重の打撃となり、経営戦略の見直しを余儀なくされていた。

航空機業界では既にボーイングやエアバス、ボンバルディアなどが人員削減に踏み切っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン