/

この記事は会員限定です

作家・星野智幸さん パスポートきっかけの「難民体験」

[有料会員限定]
ほしの・ともゆき 1965年米国生まれ。早大卒。新聞社勤務を経てメキシコに留学。97年「最後の吐息」で文芸賞を受賞しデビュー。2011年「俺俺」で大江健三郎賞、15年「夜は終わらない」で読売文学賞、18年「焔」で谷崎潤一郎賞。

アメリカのパスポート

「アメリカ人なら英語しゃべれるんでしょ、何かしゃべってよ」

幼児期から小学生低学年の、まだ自我があやふやな子ども時代、私がアメリカ合衆国で生まれたことを話すと、このような反応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン