/

この記事は会員限定です

伊藤忠流フィンテック、金融に新風 三方よしで勝負

商社進化論 第4部 反攻は消費者起点(3)

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

「予想以上の反響だ」。新型コロナウイルスの影響が色濃く残る5月、伊藤忠商事の加藤修一執行役員は目を丸くした。子会社である来店型の保険代理店大手、ほけんの窓口グループ(東京・千代田)の関東2店舗でオンラインでの保険相談を実験したところ、2週間先の予約までいっぱいになる盛況を博したのだ。

消費者目線で金融に風穴

秋から展開拡大を予定していたが「悠長なことを言ってられない」と、予定を早めて7月6日に全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2249文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン