/

この記事は会員限定です

フィンテック拡大のひずみ 米当局、ロビンフッド調査

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米国を代表するフィンテック企業、ロビンフッド・ファイナンシャルに対し、当局が監視の目を強めている。2日には米証券取引委員会(SEC)が調査に入ったと報じられた。開示や投資初心者の保護などで問題を指摘され、急成長のひずみが露呈している。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは2日、SECがロビンフッドの過去の開示を調査中と報じた。同社の成長の起爆剤となってきた、株式など証券...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン