/

この記事は会員限定です

自民総裁選 「理念」が映す安倍路線と3氏の距離

[有料会員限定]

安倍晋三首相(自民党総裁)の後継を選ぶ総裁選は菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長の3氏が争う。7年8カ月に及ぶ歴代最長政権をどう継承し、どう違いを打ち出すか。3氏がそれぞれ掲げる政治理念は安倍首相の路線との距離を映す。

第2次安倍政権発足以降、官房長官として一貫して安倍首相を支え続けた菅氏は「自助・共助・公助」を掲げた。

出馬を表明した2日の記者会見で「自分でできることはまず自分でや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン