/

強風で転倒、負傷相次ぐ 九州3県で人的被害

大型で非常に強い台風9号が通過した九州では3日までに、強風にあおられて転倒するなどして福岡、佐賀、長崎の3県で少なくとも計18人のけが人が確認された。

福岡県によると、糸島市で60代男性が自宅の屋根にシートをかけようとした際に強風で転落し、負傷。福岡市によると、東区で50代男性が強風で転倒したほか、早良区で風にあおられた70代女性がシャッターで頭を打つなど計4人が負傷した。北九州市によると、男女6人が路上で転倒するなどし、いずれも軽傷。

長崎県などによると、新上五島町で強風に飛ばされた住宅の屋根が自宅に直撃した30代女性と娘(2)が割れた窓ガラスの破片などで切り傷を負った。佐世保市では30代男性と60代男性、五島市では50代男性が強風にあおられて転倒するなどし、軽傷を負った。

佐賀県では、佐賀市の80代男性が転倒し左足を骨折。唐津市の40代女性も風で飛ばされたがれきが当たり、軽いけがをした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン