/

埼玉県と三井住友海上が包括協定 SDGsなどで協力

埼玉県と三井住友海上火災保険は3日、SDGs(持続可能な開発目標)の推進などを柱とした包括的連携協定を結んだ。県のSDGsに関する活動に参加するほか、中小企業支援や防災、地域活動などの分野でも相互協力する。

包括的連携協定を結んだ埼玉県の大野元裕知事(左)と三井住友海上火災保険の原典之社長(3日、埼玉県庁)

県は「日本一暮らしやすい埼玉県」を目指してSDGs活動を強化しており、9月1日に推進組織「埼玉県SDGs官民連携プラットフォーム」を設置した。三井住友海上もこの枠組みに参加して県の活動を支援し、セミナーやワークショップへの講師派遣なども予定する。

県内中小企業が海外展開する際、リスクを低減するための情報提供や助言など、保険会社のノウハウを生かした支援も検討。災害や感染症の流行など、緊急事態の発生時にはBCP(事業継続計画)策定にも関与する。

同日、締結式に参加した三井住友海上の原典之社長は「SDGsの活動が本業にもつながっていることを広く理解してもらいたい」と強調。埼玉県の大野元裕知事は「これから災害分野などで連携を拡大したい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン