/

この記事は会員限定です

大衆薬、武田の子会社売却で岐路に 再編機運も

[有料会員限定]

武田薬品工業が一般用医薬品(大衆薬)事業の売却を決めたことで大衆薬ビジネスのあり方が問い直されている。医療用薬を主力とし、大衆薬も手掛ける「兼業」会社にとって、収益性などから大衆薬を続ける意味が薄れてきた。同様の動きが広がり、業界再編の号砲が鳴る可能性もある。

武田が売却を決めた大衆薬子会社、武田コンシューマーヘルスケア(東京・千代田)と、米投資ファンド大手のブラックストーン・グループが3日、記...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン