大衆薬、武田の子会社売却で岐路に 再編機運も

2020/9/3 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

武田薬品工業が一般用医薬品(大衆薬)事業の売却を決めたことで大衆薬ビジネスのあり方が問い直されている。医療用薬を主力とし、大衆薬も手掛ける「兼業」会社にとって、収益性などから大衆薬を続ける意味が薄れてきた。同様の動きが広がり、業界再編の号砲が鳴る可能性もある。

武田が売却を決めた大衆薬子会社、武田コンシューマーヘルスケア(東京・千代田)と、米投資ファンド大手のブラックストーン・グループが3日、記…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]