/

惣菜のロック・フィールド、最終赤字1億円 5~7月期

総菜大手のロック・フィールドが3日発表した2020年5~7月期の連結決算は、最終損益が1億3900万円の赤字(前年同期は2億5900万円の黒字)だった。第1四半期が最終赤字になるのは、四半期開示を始めた05年4月期以降で初めて。新型コロナウイルスの感染拡大で、駅ビルなど都市部の店舗の利用客が大幅に減った。

売上高は前年同期比25%減の93億円、営業損益は3億1100万円の赤字(前年同期は3億7300万円の黒字)となった。国の緊急事態宣言で一時は全体の4割弱にあたる116店舗が休業を迫られた。

在宅勤務の拡大や移動自粛もあり、売り上げの6割超を占める主力ブランド「RF1」などの売れ行きが振るわなかった。人件費など固定費負担も響いた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン