/

この記事は会員限定です

前学長解任の北大、新学長が期待集める「経営手腕」

[有料会員限定]

北海道大学の次期学長予定者に保健科学研究院特任教授の宝金清博氏(65)が決まった。3日、札幌市内で記者会見した宝金氏は「総長(学長)を中心に強い経営力を持っていく」と陣頭指揮に意欲を見せた。前学長の解任問題で露呈したコンプライアンス強化という重い宿題も託される。

 ほうきん・きよひろ  79年(昭54年)北大医学部卒、86年米カリフォルニア大学デービス校に客員研究員、96年スタンフォード大学に文部省在外研究員として在籍した。13年から北大病院長。北海道出身。65歳。座右の銘は論語の「鄙事多能(ひじたのう)」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン