熊本・八代でスーパービバホーム開業 従業員にPCR検査

2020/9/3 17:36
保存
共有
印刷
その他

ホームセンター大手のLIXILビバは3日、「スーパービバホーム」を熊本県八代市のイオン八代ショッピングセンターに開業した。同県への出店は初めて。同日は開店前に約850人が列をつくり、午前10時の開店時間を繰り上げて対応した。台風10号の接近もあり、同社が力を入れている防災関連商品を求める客が多く見られた。

熊本県内に初めて開業したスーパービバホーム八代店(3日、熊本県八代市)

同店の売り場面積は約9500平方メートル。新型コロナウイルスの感染防止へ、8月下旬に約130人の全従業員にPCR検査をLIXILビバとして初めて実施し、全員陰性だったことを確認したという。

同社はスーパービバホームを、10月上旬に熊本市中心部にも開業する。渡辺修社長兼CEO(最高経営責任者)は「地震や豪雨で被災した熊本で、安心安全を提供していきたい。今後も県内への出店を考えている」と話した。九州では2021年3月までに、福岡県にあと2店出店する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]