/

菅氏 地銀再編促す 自民党総裁選 3氏が論戦

自民党総裁選への出馬を表明した菅義偉官房長官は3日の記者会見で、地方金融機関について「再編も一つの選択肢になる」と明言した。「個々の銀行の経営判断」と断った上で、再編で競争力を高めるべきだと主張した。総裁選を争う岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長も政策を訴えた。

菅氏は官房長官として地銀の経営統合や合併を促す特例法の整備に取り組んだと説明した。「(特例法を)活用しながら経営基盤の強化を進めてほしい」と話した。

消費税に関しては「社会保障のために必要なもの」と述べ、減税に否定的な姿勢を示した。

フジテレビ番組では新型コロナウイルスへの対応後に経済政策に取り組む考えを示した。「雇用の確保や企業が営業を続けられる対応がいまは大事。メドがついたらどうするかという2段構えだ」と述べた。衆院解散に関しては「状況次第だ。新型コロナ感染が終焉(しゅうえん)を告げられるかどうか」と指摘した。

岸田氏は記者会見で安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」について一定の評価をした上で「格差が広がった」と語った。同日発表した政策集では行政のデジタル化を進める「データ庁」の設置を提案した。「省庁、自治体の壁を取っ払ってデジタル化を進めないといけない」と訴えた。

石破氏はフジテレビ番組で「新型コロナウイルス対策、安全保障、社会保障の選択肢を提示することが大事」と話した。「派閥同士の合従連衡や主導権争いは国民には関係ない話だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン