浜松市長、商議所会頭に飲食店認証制度の周知求める

2020/9/3 20:00
保存
共有
印刷
その他

浜松市の鈴木康友市長は3日、浜松商工会議所の大須賀正孝会頭を訪問し、市が進める飲食店の新型コロナウイルス感染対策と経済の活性化に協力を求めた。感染防止の要件を満たした店を市が認証する制度の周知や、認証店舗の利用促進を依頼した。

市内では7月下旬以降にクラスター(感染者集団)が相次いで以降、飲食店は客が減り苦境が続いている。鈴木市長は「感染防止の高い基準をクリアした店を認証している」と強調した。大須賀会頭は「このままでは多くの店がつぶれてしまう」と危機感を示し、「商議所の会員企業には店の積極利用を促す」と答えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]