/

この記事は会員限定です

バイオニックエム、ロボット義足を発売 21年前半に

[有料会員限定]

東京大学発スタートアップのBionicM(バイオニックエム、東京・文京)は2021年前半に、歩行や起立を助ける「ロボット義足」を発売する。内蔵するセンサーで装着者の力加減や歩き方を分析し、歩きやすいように膝部分のモーターを自動で制御する。価格は200万~300万円と従来の電動義足の3分の1以下に抑える。

国内の義肢販売会社を通じて販売する。義足のバッテリー残量や歩数を確認できるスマートフォンアプリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン