/

この記事は会員限定です

第2次産業の就業者、富山に多く 医薬品など集積

[有料会員限定]

富山県には医薬品やアルミニウムの関連産業が集積している。2015年の国勢調査によると、全就業者に占める製造業や建設業などの第2次産業の就業者割合は33.08%と全国トップ。全国平均は23.63%で、9位の福井県(30.71%)、16位の石川県(27.38%)を上回る。

「薬売り」の流れをくむ富山には製薬会社が多く立地している。後発薬最大手の日医工、抗がん剤に強みを持つダイトといった上場企業に加え、かゆみ止め薬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン