/

この記事は会員限定です

ダイキン、ドローンで工場内点検 所要時間6分の1に

[有料会員限定]

ダイキン工業は9月から工場内の点検にドローン(小型無人機)を本格導入する。地上8メートルの高所にある設備をカメラで撮影し、異常の有無を確認。点検時間を6分の1に短縮する。エアコンの室外機を搬送するローラーの劣化も人間に代わってチェックする。ドローンは橋やトンネルなどインフラ点検での活躍が目立つが、工場での活用も広がりそうだ。

滋賀県草津市にあるダイキンの滋賀製作所。ルームエアコンの生産ラインの横でオペレーター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン